本買取 目黒区


その日は 少し遅い時間の買取でした。

当店のお電話受付時間は、20時までですが
夜しかお時間を取れない方にもご利用いただけます様
ご予約頂けましたら 夜間の買取にも対応させて頂いております。

お約束の時間に間に合うよう向かっている
車のラジオから 懐かしい曲が流れてきました。

「パフ,ザ・マジック・ドラゴン」
puff,the magic dragon
ピーター・ポール&マリー

1960年代のヒット曲です。

小学生の頃、通っていた英語教室の先生が

同じくピーター・ポール&マリーから
「500マイル」「花はどこへ行った」「天使のハンマー」

カーペンターズ
「SING」

ザ・ビートルズ
「イエロー・サブマリン」

他数曲をダビングしたカセットテープと
カタガナをふった歌詞のコピー、歌詞を日本語に訳したコピー
「お家でも聞いてみて下さい」と生徒の人数分用意してくれました。

そのテープを聴きながら一生懸命カタガナを追いかけて
意味も分からず歌っていた頃
ラジオから流れてくるまで忘れてました ・・・。

そして 大人になった今
ネットで歌詞を調べてみる事に♪

歌詞の内容は、おとぎの国 Honah Leeで
不老の竜「パフ」と少年「ジャッキーペーパー」との
交流と別れを描くものでした・・・。

テープの中でも一番のお気に入りだった曲は
小学生だった私にピッタリだったのでしょう。

YouTubeで探し、もう一度聞きました
ピーターポール&マリーが歌い始め、観客へとカメラが移ると
大人も子供も、みんなそろって口ずさんでいる♪

歌も後半にさしかかると
ピーターポール&マリーはマイクを離れ
観客の歌声だけが一つになって会場に響いてゆく・・・
ちょっと感動のシーンでした。

英語の先生、今更ですが
この歌を教えて下さって ありがとうございます。
そして英語は一つも身にならず、ごめん なさい(笑)

と、またまた大分 本題からそれました(汗)

目黒区の買取は 文庫本・単行本・子供本など
130冊ほどでした。

文庫本は、中には定価の高い本もありますが
ほとんどの場合 もともとの定価が単行本などに比べて
半分から半分以下なのに加え

お売り頂いた本は 市場に多く出回っている物が多かったので
20%UPをご利用しても130冊という冊数だけをみますと
あまり高いお値段になりませんでした。

それでも お客様には

「実は違うところで査定して貰ったけど
文庫本と子供の本には値段が付かないものが多くて、
もう一軒だけみて貰ってダ メなら仕方ないと思ってたから
全部に値段が付いて 大満足です!」

というお言葉を頂きました。

この度は 大切な本をお売り頂きまして
ありがとうございます。

 

 

本を売るなら無料出張買取/東京23区・全国宅配買取、買取専門店ブックジョブ
http://kaitori-shop-book-job.net/